MENU

安い金利で借りる方法

ローン会社が低金利で融資を行うということは、余裕のある収入や返済能力が認められて信用があるということです。

 

中でも、銀行は消費者金融や信販会社と比べると金利が安いので必然的にその分審査も厳しくなってきます。
例えば、低金利に定評のある「住信SBIネット銀行Mrカードローン」は、1.99%〜7.99%という魅力的な低金利を売りにしていますが、これはプレミアムコースというプランのみ実現可能で、そもそも審査に通らないと適用されません。
審査に外されればスタンダードコースになり、金利も8.99%〜14.79%になります。

 

このように、低金利コースを謳うカードローンも審査によっては金利が上がり、ローン会社によっては消費者金融並みの高金利が適用されることも珍しくはありません。
初回利用の借入で、少額融資利用者には低金利の適用の可能性は難しいので、そういった方には無利息キャンペーンのある消費者金融の方が向いているかも知れません。
消費者金融なら銀行に比べると基本的に審査も易しく、誰でも借りやすい設定になっていて、スピード融資にも対応しています。

 

しかし、その分金利は当然高くなるので利息額や返済期間をしっかり把握し、返済シミュレーションをしてから申込をしましょう。
カードローンの審査に通るには、まずは返済能力があって安定した収入があることが最低条件です。
その次に審査で重視されるポイントは下記の条件です。

  • 年収(借入限度額の判断基準になる)
  • 住まい(持ち家が有利)
  • 勤続年数(長い方が有利)
  • 滞納金(公共料金やクレジットの延滞の有無)
  • 固定電話(携帯電話よりも有利)

この他に審査に落ちやすい借入条件として、

  • 他社からの複数の借り入れ
  • 複数ローンの申し込みがある

などが挙げられます。
逆に言うと、これらを回避すれば審査通過率は上がります。

 

あとは借入限度額を控えめにすることもローン会社との信頼関係を築くにはおすすめのコツです。
ローン会社からすれば、お金の貸付をする訳ですから信頼関係がないと成り立ちません。
収入に見合わない高額借入や無理な返済計画などは評価ダウンに繋がって審査が通りにくくなります。

 

そして、案外気付きにくい落とし穴が「記入間違い」です。
申し込みに嘘の記載は絶対にしてはいけませんが、記入間違いや記入漏れが金融業者から「嘘の記載をした」と判断されることもあります。
特に最近はネット申込が主流になったので、入力間違いが多発しています。
送信前に再度間違いがないか確認するようにしましょう。

 

専業主婦でも借りれるキャッシング会社ランキングでは金利が低い借入先を見つけることができます。
返済額を少しでも抑えて借りたい方のい参考になるサイトです。

 

参考サイトタイトル:専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
サイトURL:http://www.absalompress.com/