MENU

審査が厳しい低金利の銀行カードローンと消費者金融

カードローンは、主に銀行が提供するお金を借りられるサービスです。
借りたお金の使いみちは自由で、低金利なので返済時の負担も比較的軽い特長があります。
しかし審査が厳しく、誰でも利用できるわけではありません。
審査を通過し借入をするためには、年収や職業、勤続年数や勤務形態など、様々な条件をクリアする必要があります。
一般的にクリアするために求められる条件は高いと言われているので、公務員や一流企業の正社員でないと難しいと言われるほどです。
フリーターや自営業の方が申し込みをしても、通過する確率は低くなっています。
銀行のカードローンと同じく、消費者金融もお金を借りられるサービスです。
お金の使いみちも自由なので便利なところも同じですが、金利が高いのがデメリットです。
そのため、同じ金額を借りても利息が高額になるので、返済時の負担は重くなっています。
しかし、消費者金融は低金利ではないので、審査が通りやすくなっています。
クリアするための基準は低く、フリーターや自営業でも問題ありません。
中小企業の正社員や非正規社員でも、利用することができるでしょう。
また、デメリットである金利についても、無利息で借りられるサービスが用意されています。
このサービスを活用すれば、一定期間内なら金利がゼロになり返済時の負担もありません。
期間を上手く活用して借入や返済を行なうことによって、低金利のカードローンよりお得にお金を借りることができます。