MENU

カードローンの金利を比較することのメリット

カードローンの実質年率を比較することのメリットは、借入に伴う返済の負担を軽減することが可能という点にあります。借りる額が多くなればなるほど、金利の影響が大きくなってきますので、なるべく低いところを選択することには意味があるのす。ただし、消費者金融業者の場合、どこも同じ金利になっています。というのも、どの業者も利息制限法の上限いっぱいで貸し付けているため、違いがありません。例えば、100万円未満の融資の場合の限度は、18パーセントとなっており、以後は貸付額が上がるほど下がっていきます。各社が示している最大利率は、この100万円未満の場合の数字です。したがって、消費者金融のカードローンを利用する場合には、この点を比べることに意味はなく、サービスの質や使い勝手といったその他の点を比べて選ぶと良いです。
銀行のカードローンの場合は、それぞれ設定している金利が異なることが多いため、比較をすることには意味があります。消費者金融の場合と比べて数パーセント程度の違いがあるところもあれば、少しだけ低くなっているところもあります。傾向としては、消費者金融より低いのが一般的です。したが手、比べてより低いところを選択することで、返済の負担を軽くすることが可能となります。サービスの質や使い勝手に関しても消費者金融とそん色はないため、初めて利用しようという人には、銀行の方をおすすめします。ただし、審査は若干厳しめです。