MENU

カードローンの金利と利息の基本的な仕組み

「借り入れ金額×金利(実質年率)÷365日×借り入れ日数=利息」これがカードローンの基本的な仕組みを端的に表現した計算式です。つまり借入れを利用すると返済しなければならず、しかも元金と共に利息も支払わなければならず、いつまでに返さなければならないのか日数も事前に決められているということを意味しているのです。
それから融資限度額は金融機関のカードローン商品によって違いますので、自分が何円のお金を必要としているのかをよく考えた上で、それを満たしている商品に申し込まなければなりません。ただし、申し込んでも審査に通らなければ意味がなくなってしまいます。そして、たとえ審査には通ったとしても実際に何円の利用枠が与えられるかどうかも、審査結果を確認してみるまでは何とも言えません。
いずれにしても金融機関からお金を借りる時は、金利は高いよりも低いほうがお得です。そのほうが返済の苦労も少なくなってくれることは間違いありません。ですから会社探しや商品探しにおいては、金利こそは非常に重要なポイントになるのです。
ただしお金というものは、借り過ぎだけは絶対に避けなければなりません。たとえどんなに有利な条件で借りることが出来るとしても、借り過ぎてしまっては事故の元です。しかも一度でも事故を起こしてしまうとブラックリストに名前が載ってしまいますので、リストから名前が消えてくれない限りはカードローンやクレジットカードも使えなくなってしまいます。