MENU

カードローンの金利を下げる方法とは

カードローンの金利には幅がありますが、これはただ下げて欲しいと交渉しても対応してもらえるものではありません。借入限度額によって決められるものなので、これを引き上げなければなりません。
申請して審査に通れば対応してもらえますが、審査は厳しく、ただ申請しただけでは通りません。新規契約や前回の引き上げから最低でも半年以上は返済の遅延を起こさずに利用を続けて実績を作り、優良な顧客であると認められると、他の会社に流れるのを防ぐために限度額の引き上げに応じてもらえます。これは借りていないと実績にはならないため、半年間全く借りずに申請しても断られます。利用の仕方によっても必要な期間に違いがあり、一度も完済しないまま追加でお金を借りていると、遅延を起こしていなくても信用を得にくくなり、1年以上利用を続けていても断られる事があります。そのため、単に利用を続けるのではなく、しっかりと計画を立てて返済していくことが重要です。
金利を下げるのにはカードローンの借り換えを行うのも有効です。消費者金融を利用しているのであれば、銀行へ借り換えを行えば金利を下げることができます。借り換えの審査は厳しいと言われていますが、対象が1社だけの場合、それまでに遅延などの金融事故を起こしていなければ十分な実績があるため信用を得られ、審査にも通りやすいです。複数の借入をまとめる場合は残高が高いと審査が厳しくなり、契約数が多くても通りにくくなります。