MENU

カードローンは繰り上げ返済で金利負担を抑えられる

カードローンは毎月の指定日に返済を行うのが基本ですが、残業が多かったり、臨時収入があるなどで普段よりもお金に余裕ができたとき、何もしないでいるよりも繰り上げ返済をするのが有効です。金利と借り入れ残高によって利息が算出されるため、早い時期に借り入れ残高を減らして利息を減らしておくと返済期間の短縮にもなるため、返済総額の大幅な削減が見込めます。また、返済能力に余裕があると見られるため、限度額の引き上げをしたいときにも有利になります。そのため、余裕があるときは積極的に利用した方が得です。
繰り上げ返済するときの注意点として、手数料が発生する場合があります。この場合、ある程度まとめて返済しないと手数料の方が高くなって損します。手数料が無料のカードローンを利用するとこの心配がありません。
いつでも自由に返済できるものと、事前に連絡が必要なものがあります。後者の場合は手間がかかって面倒なので、頻繁に返済する場合は連絡なしで良いものを選びます。
繰り上げ返済は毎月の定期返済には含まれないことが多いので、無理な返済は禁物です。定期返済に回すお金を残すのを忘れてしまうと返済の遅延を起こします。遅延しても即座にブラックリストになることはありませんが、カードローン会社の印象は悪くなり、また、遅延した期間は金利が上乗せされるため余計なお金を払うことになり、繰り上げた意味がなくなります。そのため、余裕を持って計画的に返済する必要があります。